変色した切手でも買取は可能?

変色した切手の価値とは?

極端に変色した切手は、趣味品としての収集対象になりません。それは、収集対象としては傷物だからです。しかし、それが未使用切手であるのなら、額面金額分の郵便料金として使用できます。ですから、多分、額面割れにはなるでしょうが、有価証券として買取可能の品物となります。
買取られた切手は、封筒に貼って郵便物として投函するか、大量の郵便物を発送する場合、専用の台紙に切手を貼って郵便局に持ち込めば、料金別納郵便の料金支払いに利用できます。希少性のない大量の切手は、このように料金別納郵便の代金支払いに用いられることが多いです。企業などでは、常時大量の郵便物を発送していて、その多くは、手間を省くため封筒に切手を貼らず、料金別納郵便として現金で代金を支払うか、台紙に切手を貼ったもので支払っています。

変色した切手と料金別納郵便との関係

変色した切手や普通切手などは、趣味品としてプレミアムが付きませんので、業者によって額面より若干安い金額で買取られます。そしてそれは、料金別納郵便用の台紙に貼られた状態で、企業向けに額面割れで販売されるのです。
企業側も、郵便局で切手を買うより幾らかでも安く買えるわけで、経費節減になって有り難いわけです。大量に郵便物を発送する企業などは、この台紙貼りの切手を額面割れの値段で、大量に求めています。
切手の保存法が悪い場合、日焼けで退色したり湿気でシミが出たりして、変色することがあります。変色した切手は、郵便料金として活用するしかなく、一度に大量に売りさばく場合、最終的に料金別納郵便の支払いに利用される場合が多くなります。

© Copyright Stamps Online. All Rights Reserved.